申し訳ありません半年ぶりです。

なかなかこちらまで手が回らず、前回の更新から半年が経ってしまいました。たいへん申し訳ありません。この半年間にあったいろいろなことを振り返ってみたいと思います。


0羽毛ふとんのリフォーム
今年は夏から「羽毛布団のリフォーム」のご依頼を非常に多くいただきました。ほかの寝具専門店さんのお話しを伺っても、やはり羽毛ふとんを直される方が今年は多かったようです。
「使えるものは直して使おう!」「良いものは大切に長く使おう!」という風潮が寝具業界(羽毛ふとん)にも広がってきたのだなあと実感できて、とても嬉しくなりました。
おかげさまで沢山のご注文をいただいた反面、一部のお客様には、お届けが遅れてしまったり、手配ミスを起こしてしまったりして、大変なご迷惑をかけてしまったこともあり、本当に申し訳なく思っております。
今年の経験を教訓に、来年はさらにお客様に喜んでいただけるようなサービスに勤めたいと思います。



0商店街の変化
うちのお店がある秦野市本町四ッ角周辺は、かつては多くの商店が建ち並ぶ賑やかな街でした。うちのお店のある通りでは、今年3軒ほど閉店されました。入れ替わりで新しいお店がオープンすることもありますが、全体数としては減ってきているように思います。便利な大型店が増えて小規模な店舗が無くなっていくことはある意味、時代の流れで仕方のないことかもしれませんが、子供の頃からずっとこの場所で暮らしている自分としては、当たり前のようにあったお店が無くなっていくことに一抹の寂しさを感じています。



0愛媛・今治訪問と第10回タオルソムリエ資格試験
今年の7月15日から16日にかけて、ほかの西川チェーンのお店の方と一緒に、「今治タオル」の研修を受けてきました。当店もタオル製品を多く扱っている関係から一度タオルについてしっかり学びたいと思い、愛媛県今治市を訪れました。
今治では現地のタオルメーカーさんの工場を見学させていただいたり、メーカーの社長さんからいろいろお話しを聞く機会に恵まれ、今治タオルのこだわりや高品質の秘密を肌で感じることがが出来ました。
しょんぼり残念ながら台風11号の影響で予定より滞在が短くなりましたが非常にいい経験になりました。)

そして今年の9月10日、東京の大手町で「第10回タオルソムリエ資格試験」を受けました。「タオルソムリエ」とは愛媛県今治商工会議所と四国タオル工業組合が主催する「生活の中で、タオル選びをもっと楽しんでもらい、豊かな生活シーンの実現に貢献するアドバイザー」のことで、現在2,307名のタオルソムリエが誕生しているそうです。
仕事の合間や夜間に少しずつ勉強しましたが、年齢のせいもあり専門用語などがあまり覚えられず、はっきりいってほとんど自信がありませんでした。でもなんとか合格することが出来ましたundefined

残念なことに先日、一部のタオルメーカーの「今治タオルブランドマーク不正使用」がニュースで報道されました。私が現地で見てきたタオルメーカーさんをはじめ、ほとんどの今治のタオルメーカーさんは非常に真面目な商品づくりに努められています。高品質のタオルをつくるには非常に手間がかかり、かなりの熟練技術も必要です。今後このようなことが無いことを祈るとともに、これからますます「今治タオル」をはじめとした国産タオルの発展を期待したいと思います。また私も未熟ですがタオルソムリエとして、少しでも国産タオルの素晴らしさを皆様にお伝えするお手伝いができれば嬉しく思います。