お子さんの睡眠時間足りてますか?

 

 

 

 

最近、近所にマンションが増えて、お子様連れの若いお客様によくご来店頂けるようになりました。

 

 

 

 

 

それにつれてよく『子供の睡眠』について考えるようになりました。

 

 

 

 

 

例えば、『睡眠時間』…

 

 

 

 

 

うちの『甥っ子』なども共働きの妹夫婦の生活スタイルにつられて、

 

 

 

 

 

どうしても『夜型』になってしまい、寝るのも遅いようです。

 

 

 

 

 

たまに私の自宅に泊まりに来ても、結構遅くまで起きていて、大人の方が先に眠くなってしまうことが多々あります。

 

 

 

 

 

一般的に、就学前(3〜5歳)のお子さんに推奨される睡眠時間は『11時間〜13時間』と言われています。

 

 

 

 

 

朝8時に起きるとして、これだけの睡眠時間を確保するためには、遅くとも夜9時には眠りにつかなければなりません。

 

 

 

 

 

あるデータを見てみると、22時(夜10時)以降に眠りにつくお子さん(3歳児)が『52%』もいるとのことです。

(※日本小児保健協会/2000年/『睡眠環境と寝具(睡眠編)』一般財団法人日本ふとん協会発行より抜粋)

 

 

 

 

 

睡眠時間が少ないお子さんは『情緒不安定』や『コミュニケーション能力』の低下、さらには『肥満』などにも繋がるとのことです。

 

 

 

 

 

大切なお子さんの健全な成長のためにも、周りの大人が気をつけて、お子さんの生活習慣を整えてあげる必要があるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

10歳の子供の推奨睡眠時間は『9時間〜9時間半』!

 

<西川リビング『眠育プロジェクト』冊子P.8より>