秋のお彼岸に想う

昨日から『秋のお彼岸』に入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気がよかったので、もうお墓参りに行かれたかたも多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店も今日は定休日だったので、近所の花屋さんでお花を買って母親と一緒にいってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日の午前中ということもあり、人影もまばらでしたが、すでにお花が供えてあるお墓もたくさんありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで当店のルーツは福井県から出てきた曾祖父が『製綿業』をはじめたところからはじまりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から約110年前のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうお気づきのかたも多いと思いますが、越前屋の『越前(えちぜん)』は福井県北部の旧国名からきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今となってはなぜ曾祖父が福井県から神奈川県に出てきたのかはっきりしたことはわかりませんが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強い意志をもって『製綿業(ふとん店)』を創業したことは間違いないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曾祖父は自分が生まれる前になくなったので、どんな人だったかは人づてにしかわかりませんが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「頑固で、世話好きで、よく働くひとだった」と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が子供のころ、曾祖父を知るお客さんから聞いたことを覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お墓の前で手をあわせながら、今の自分は先代たちの『想い』に応えられているだろうかと振り返ってみると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても反省するばかりです…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店が『秦野』の地で『あたたかい地元のお客様のおかげ』で営業させていただいてきたことに感謝して、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも『ご奉仕』させていただくことが、先代から託された使命だと思いつつ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がんばって行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日もご縁をいただき、誠にありがとうございました。m(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日も一日、皆さま元気にがんばりましょう (*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日が皆さまにとって良い日になりますように…