『紫の蒲團に坐る春日かな』

 

 

 

俳人の正岡子規(1867〜1902)が詠んだ句に

 

 

 

 

 

『紫の蒲團に坐る春日かな』というものがあります。

 

 

 

 

 

解説のWEBサイトを見ると、

 

 

 

 

 

 紫の布団に座り、春の日差しを浴びている自分がまさにここに『存在』している…

 

 

 

 

 

 無心に座っている一時が(子規にとっては)至福の時だ…。

 

 

 

 

 

 人間の幸福とは、突き詰めれば案外そんなところにあるのかもしれない…ということを表している、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数年前のNHKドラマ『坂の上の雲』で香川照之さんが見事に演じていたように

 

 

 

 

 

長く苦しい闘病生活を続けていた正岡子規…

 

 

 

 

 

たまたま『蒲團』という文字にひかれて見つけた作品でしたが、この短い句の中に込められた想いと、

 

 

 

 

 

苦しいなかでも絶望せず、俳句を通して力強く生きた姿には感動させられます。