眠れない日もあります


歳をとると誰もが多かれ少なかれ、就寝から入眠までの時間が長くなったり、深い睡眠が減少したり、夜中に目が覚めて眠れなくなったりといったことが増えてくると思います。



『眠れないと病気になってしまう、なんとか眠らなくては』と思い込んで『逆に眠れなくなってしまう』なんてことがあるかもしれません。



こういうときにもあまり心配しすぎる必要はないといわれています。



たとえ数日間不眠状態がつづいても、睡眠が本当に必要な状況になれば、人はどんな状態でも入眠してしまうとのことです。



このような知識をもっているだけでも気持ち的に楽になって、不眠が怖くなくなるかもしれません。



それに加えて、よい眠りのために生活習慣の改善や睡眠環境の工夫などを行えば、さらに不眠状態から解放されやすくなると思います。



但し本当に辛い場合は我慢せずに、早急にお医者様の診察を受けて下さい。